お高いキャリーバッグだからこそ、お手入れをしっかりしたいもの。
旅行先でも気持ちいい気分でいたいですからね。
アルミニウム合金のキャディーケースは見た目が凄くカッコイイ。
傷や旅のシールがキャディーケースに馴染んでくると、個性が出てきます。
皆さんのアルミニウム合金のキャディーケースがどんなキャリーバッグになっていくか楽しみですね。


キャリーバッグ
└アルミニウム合金

 
スポンジ、綿棒、乾拭き用の布、ドライヤーを準備します。
スポンジを湿らせて拭くだけです。とても簡単。
シールもポンジを湿らせて拭くだけで取れます。
粘着が強いシールはドライヤーで温めると取れます。
隙間部分は綿棒で掃除すると綺麗になます。

内装は中身を出した後に風通しの良い場所に置いたり、ファブリーズなのどをかけた風通しの良い場所に置く良いです。

キャリーバッグをオークションから見つける

キャリーバッグ