★ 汚れやホコリをそのままにしておかない。
着用後は形を整え毛並みにそって柔らかな天然繊維のブラシでブラッシングしましょう。
合成繊維のブラシを使用すると、静電気が発生しやすく傷みの原因になってしまいます。
カシミヤは撥水性が弱い為、水分の付いた部分がシミになる場合がありますので、なるべく早めにふき取り、乾いたあとブラッシングをかけ、お手入れをしましょう。

★ シミが出来てしまったら。
カシミヤにシミが出来てしまった場合、そのシミが虫食いの原因となってしまう場合がありますので、すぐにお手入れをしてください。
カシミヤ用の染み抜きや柔らかめのタオルに薄めた洗剤を付けて、シミの部分をふき取り、その後に水に浸したタオルで洗剤を綺麗にふき取ります。
終わったらブラッシングをして、乾くまで部屋干ししてください。

★ ローテーションを組む
長時間着用し続けると型崩れが発生する可能性があります。生地表面の摩擦がピリング(毛玉)が発生する原因となります。
毎日連続して着用する事は控え一度着用したら1〜2日休める事が大切です。

★ 毛玉(ピリング)が発生した場合
毛玉を手で取りはらうか、繊維をハサミで切り取るなどして除去してください。
※製品の性質上、毛玉が発生しにくいものはあっても、発生しないものは存在しません。
毛玉の除去はカシミヤのお手入れの一環として行ってください。

☆カシミヤのお洗濯について

まずはカシミヤも洗える洗剤を探しましょう。
色々なおしゃれ着洗いもありますが、カシミヤも洗える洗剤を使うのをオススメします。
カシミヤ用の洗剤がなければ、おしゃれ着洗いか、人間用のシャンプーで洗う事をもできます。
シャンプーを使う場合は、アモジメチコン(ジメチコン)入りのものを選ぶようにして下さい!!!(髪もカシミヤも元々はたんぱく質なので人間用のシャンプーも使えます。)

1 40℃以下の温水をいれ、中性洗剤を溶かす。(水で洗うとのびる可能性がありますの。)
よごれの気になる首回りや袖口は、あらかじめ汚れを落とすこと。絶対揉まずに叩き洗いする。

2 浸け置きしてから軽く振り洗い、または押し洗いをします。
強いもみ洗いや、押し洗いは収縮や毛羽立ちに大きく影響しますので気をつけて下さい。

3 洗いましたら、40℃以下の温水ですすぎます。
すすぎの時も浸け置きしてから軽く振り洗い、または押し洗いをします。

5 40℃以下の温水をいれ柔軟剤やリンス、トリートメントで浸け置きします。(柔軟剤やリンス、トリートメントは繊維に「ぬめり感」が必要なため洗い流さない。)

6 洗濯ネットに畳んで入れて、洗濯機で約30秒脱水をします。

7 脱水後は形を平らに整えて、平干台・タオルなどの上で自然乾燥を行ってください。(乾燥機の仕様はお止め下さい。縮みの原因となります。)

☆洗濯機での洗い方

1 洗濯機の「ドライコース」、または「手洗いコース」を洗濯します。
脱水の工程では、絞りシワを避けるため、10~20秒程度の設定にしておきます。

2 裏返してあるカシミヤ製品をネットに入れて、洗濯機に入れます。

3 おしゃれ着洗いやカシミヤ用洗剤を投入します。

4 脱水後は、形を平らに整えて、平干台・タオルなどの上で自然乾燥を行ってください。(乾燥機の仕様はお止め下さい。縮みの原因となります。)

☆自分でのお手入れに自信がない方には...

クリーニング店にお願いする事もできますが、なるべく信頼できる(カシミヤのクリーニング実績が多い)クリーニング店での対応をオススメします。

個人的には手洗いが一番だと思います♪

似たものをブランディアオークションから見つける

カシミヤ