シャネルのアクセサリーはあえて本物の金や宝石を使わずイミテーションのパールやゴールドを使っています。 イミテーションのアクセサリーでも上品に見えるのが、シャネルの特徴です。 シャネルのアクセサリのヴィンテージの見分け方は、アクセサリーの後ろについている刻印プレートで分かります。
1986年にカール・ラガーフェルドは、ジュエリーのヘッドデザイナーとしてヴィクトワールドゥカステラーヌを任命し、期間中1986-1994シャネルのヘッドデザインチームはカステラーヌと一緒にジュエリーを制作しました。 2者間スタンプの刻印の差は、2桁の数字のあるものがカステラーヌのデザイン。 カステラーヌ番号は、それが作られたコレクションを示す21から29の範囲でした。 コレクションの年によって二桁の番号をつけました。

コレクション   年
コレクション21  1986
コレクション22  1987
コレクション23  1988
コレクション24  1989
コレクション25  1990
コレクション26  1991
コレクション27  1992
コレクション28  1993
コレクション29  1994

2Ⓧ5の刻印がありますので、コレクション25になりますので、1990年のものとなります。
2桁の数字の刻印がないものがシャネルのデザインチームになります。(1986年~1994年)
数字の刻印がないと製造月が分からないと思いますが、ところが刻印プレートの下に小さい数字があります。 53.1なので1953年1月となります。

右にアルファベットがある場合は時期

A 秋冬コレクション
S ハイサマーコレクション
T 春夏コレクション
P スプリングコレクション
C クルーズコレクションV…定番品

定番の刻印プレートで94ⓍAですので、1994年の秋冬コレクションになります。

こちらの商品は年代やアルファベットの刻印はありません。 正規品として流通しています。
初期のものにはサインが入っていないものが存在したり、手彫りの筆記体でChanelと刻印されているものもあります。 1930年代からCHANELとブロック体のサインが誕生しました。
※この商品目録はCHANEL(シャネル)社が正式に公表しているものではありません。