ボッテガヴェネタのターゲット層は30~50代のイメージです。 20代後半から憧れのブランドになり、お財布をプレゼントしたり、自分へのご褒美などに購入したいブランドだそうです。 シンプルなデザインが多いので、幅広い年齢層から人気です。

歴史

1966年、イタリアのヴェネト州ビツェンツァにてモルテド夫妻がボッテガヴェネタを創業。 社名のボッテガ・ヴェネタはイタリア語で「ヴェネツィアの工房」を意味する言葉です。 職人たちがつくり出す品質の高い製品と、ブランドを前面に押し出すことのないひかえめなロゴ無しのデザイン、そし「イントレチャート」と呼ばれるその代表的な革の編み込み技術によって、評判のレザー・ブランドとなっていきます。 ヴェネト地方の革職人の伝統技法により、手作業で一つ一つ丁寧に作り上げられ革があまりにも滑らかで、その質感はまるで「シルクのようだ」と表現されるほどでした。 2001年にグッチ・グループの傘下に入り、光沢のあるメッシュバッグやピラミッド型のショルダーバッグなどを開発。以後知名度は一気に高まり、本国イタリアから海外へショップを展開する知名度の高いブランドへと発展しました。

日本初 限定カプセルコレクション

2016年ボッテガヴェネタはブランド創立50年になり、クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーの就任15周年でした。 これを記念して、日本初の限定カプセルコレクションが誕生!!! レザーに蝶のデザインがフェミニン。

類似ブランド