カルティエは30代以上のイメージがあります。 個性的なデザインよりもシンプルで上品なデザインが多いです。 年数を重ねれば重ねるほど、それぞれの個性が出てくるので親子代々で使用する事も可能です。

歴史

1847年、宝飾師であるルイ=フランソワ・カルティエが28歳の若さで独立したときから、カルティエの歴史が始まりました。 ヌーヴ・デ・プティ・シャン通り5番地に、個人顧客を対象としたジュエリーブティックを構えます。 ハリー ウィンストン、ティファニー、ブルガリ、ヴァン クリーフ&アーペルと並んで「世界5大ジュエラー」と呼ばれます。 1904年当時は携帯用の時計はまだ懐中時計が一般的であり、腕時計はちょっと変わったブレスレット、という程度の扱いでした。 しかし、ヨーロッパにおける航空のパイオニアであるアルベルト・サントス・デュモンが、「操縦桿を握ったまま時刻を確認できる時計が欲しい」とカルティエに注文したことにより、実用性に優れた量産型腕時計が誕生しました。 丈夫で携帯しやすく、かつ無骨ではない洒落たデザインの腕時計は大人気に。 その時計が依頼主の名を取り、現在のサントスウォッチとなりました。 カルティエというと「王の宝石商、宝石商の王」と呼ばれています。本質はやはり宝石。 その中でもカルティエのダイヤモンドというと憧れる女性は多いのではないと思います。

ラブコレクション

カルティエには、創業以来愛されているジュエリーコレクションがいくつもありまがその中でも女性やカップルに人気の『ラブコレクション』 ビスモチーフは、昔のヨーロッパで使用されていた貞操帯からヒントを得たデザインで、『愛の絆』や『束縛』をテーマにして作られたました。 ラブリングは、『永遠の愛』の象徴とされることからプレゼントやブライダルリングにもお勧めです。 リングをはじめネックレスやブレスレットなどいろいろなタイプが発売しています。

エタンセル ドゥ カルティエ ネックレス

エタンセル ドゥ カルティエ ネックレスのホワイトゴールドはダイヤモンドがなんと、140個埋め込められるているのです!!! 3つの輪がとても綺麗に重なり、首元を豪華にしてくれます。 普段使いはもちろん、パーティーなどにもお勧めです。 ダイヤモンドは一生使える物ですので、飽きのこないデザインがベストです!!! カルティエは英国ウイリアム王子とキャサリン妃など王室の結婚式のために、指輪やティアラを製作しています。

バロンブルー

2007年に誕生した、人気モデルバロンブルー。 バロンブルーというモデル名の由来は青い(ブルー)風船(バロン)という意味で、タンクシリーに見られる角型の印象が強いカルティエのラインナップの中で、新しいラウンド型のスタイルを作りあげた腕時計。 ケースの丸み、ウラ蓋、ガラス、リューズに至るまで丸い形状にこだわったデザインです。 丸みのあるデザインは柔らかいイメージ、やさしいイメージの印象がつきますので、その日のビジネススタイルやオフスタイルに合わせてコーディネートするのもオススメです☆ 男女共に人気での商品なのでペアーウォッチにもオススメです❤ レディースは、28mm、33mm、36mmの3種類の大きさ。 メンズは、36mm、39mm、42mm、44mm、46mmの5種類の大きさがあります。

類似ブランド