グッチの年齢は幅広く、20~60代にイメージです。 GGマークの柄やシンプルなデザインもあるので、年齢を気にせずに使えます。 グッチのデザインと言えば、GGマークとウェブライン(グリーン×レッド×グリーンの3本のストライプ)ではないでしょうか?!今も変わらず昔からのデザインを残しつつ、新しい物をプラスする事でオシャレなデザインに仕上がるのだと思います。

歴史

創設者のグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)は1881年、イタリアの、フィレンツェに生まれる。 グッチオ・グッチはロンドンでの高級ホテル「サボイ・ホテル」に勤務しホテル時代に、英国貴族が旅行者として多く訪れ、革製の鞄や宝石、絹製品とエレガントで上質な雰囲気を纏っていた事を日頃から目にし洋服からデザイン、色使い、 素材などファッションについて学び、ホテルを退職します。 1921年フィレンツェにレザーグッズ専門のファクトリーとショップをオープン。グッチの始まりです。 彼のコンセプトは「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去の良いものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとする物作りを目指していました。 グッチは世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売したといわれています。品質保証を示すためです。自らの頭文字をあしらったダブルGのモノグラムは言わずと知れたロゴですよね。今では当たり前の「ブランド名刻印」のはじまりはグッチオ・グッチによるものでした。

ロゴ トップハンドル トートバッグ 2018

夏といえば、プールや海に出かける季節ではないでしょうか?! そんな時にお勧めなのがグッチのロゴ トップハンドルトートバッグ。 ラバー製なのでバックが軽いです。 オーバーサイズバッグで荷物が沢山入るので荷物が多い日のお出かけに便利!!! ヴィンテージ感のあるバッグですので、グランピング映えもして可愛いアイテムです。 カラーはライトピンクとレッドの2色展開です。

ニムフェア日本限定 春夏コレクション2018

グッチ ニムフェア日本限定 今シーズン2wayバッグ ピンクのカラーやパールが可愛らしい女性を演出してくれます。 お花見の時期や夏のイベントも華やかになると思います。

GGマーモント日本限定 デニム 2017年6月7日

GGマーモントシリーズのデニム生地は、世界的にも評価される日本産の最高級デニムを使用。 春らしい可愛いお花の刺繍。 日本のためにアレッサンドロ・ミケーレが日本限定モデルを製作。 イタリアの職人によるウォッシュ加工を施して、独特の風合いと色合いを作り出しいます。 デニム素材なのでカジュアルな雰囲気で持てるので、OFFスタイルにピッタリです!!! 日本限定なので、海外旅行では目立つ事間違いなしです☆ トートバッグ、ショルダーバッグ、ウォレット、コスメケースの種類があります。

プチ情報

グッチファンなら現在日本には上陸していないグッチ創業家の4代目・グッチオ・グッチが立ち上げた「TOBE G(トゥ・ビー・ジー)」の商品が日本に上陸する日も楽しみですね。

類似ブランド