キャピタルのターゲット層は20代~50代までと幅広いイメージがあります。 デニムが有名ですが、トータルコーディネートができりほどのアイテムを取り揃えています。

歴史

キャピタルは岡山で1984年に創業。 アパレルブランドキャピタルがスタートする前はハリウッドランチマーケット、45rpm、ヒステリックグラマーなどのデニムを製造していました。 そこで、デニムが有名になり1995年日本のアパレルブランドとしてキャピタルがスタートしました。 本社が岡山にある事あり、デニムは有名ですが商品の主な素材は綿や麻などの天然素材が多いです。 個性的なデザインが多く、外国人や芸能人もキャピタルのファンは多い。

プチ情報

恵比寿には3店舗のキャピタルのショップがあります。 中でも個性があふれ出ているショップが、『Duffle with KAPITAL』靴をぬいで入るショップで和の要素も取り入れながら、キャピタルらしさのあるショップです。 外国からの人気も高く、外国のお客様も多いそうでしす。 恵比寿店の3店舗巡りながら、お買い物を楽しめます。

類似ブランド