コシノ ジュンコの年齢層は50代~70代のイメージがあります。 その年齢だからこそ着こなせるデザインやオシャレ雰囲気があります。 年齢を重ねてもオシャレ心を持てる事は大切な事だと思わせてくれるブランドです。

歴史

1939年8月25日 大阪府岸和田市に生まれ。 

文化服装学院デザイン科2年の基礎コースを1年で終える。

1960年 文化服装学院デザイン科在学中、19歳という若さで装苑賞を史上最年少受賞。
飛び級で小池千枝の担当するデザイン科へ進む。

1966年 青山にブティッ「COLETTE」オープン。

1970年 大阪万博ペプシコーラ館・タカラ館・生活産業館のユニフォームを担当。

1971年 青山にブティック「ジュンココシノ」オープン。

1978年 市川崑監督映画「火の鳥」衣裳を担当、パリ・コレクション参加。

1983年 フジテレビのお笑いバラエティ番組『オレたちひょうきん族』のタケちゃんマンの敵として登場した「アミダばばあ」の衣装デザインを担当。

1985年 つくば博政府館ユニフォームを担当。

1989年オペラ「平泉炎上」(ザルツブルク音楽祭参加作品)コスチュームを担当、F1参加チーム「RIAL FORD」のユニフォームを担当。

1990年 オペラ「天国と地獄」コスチュームを担当、オラトリオ「ヤマトタケル」コスチュームを担当。

1991年 オペラ「魔笛」(バイエルン国立劇場東京公演)コスチュームを担当。

1995年 ヴェルディ川崎チームユニフォームを担当。

1996年 映画「シベリア超特急」衣裳を担当。

1999年 KEIRINグランプリユニフォームを担当。

2000年 九州・沖縄サミット夕食会サービス衣装、主要5ヶ国首脳・夫人衣装を担当。

2003年 新田青雲中等教育学校の学校制服。

2004年 水戸英宏中学校の学校制服。

2010年 沖縄琉球海炎祭にて花火をデザイン。

2011年 花園大学客員教授に就任。

2012年 DRUM TAOの衣装デザイン。

2013年 アイドルグループ・BiSの新メンバーオーディションに極秘潜入の末合格し、同年10月29日にメンバーとして加入。直後の11月5日に終身名誉メンバーに就任。

2015年 リアル脱出ゲームZeppツアー『仕立て屋シャルロッテの秘密』の展示用衣装。

2017年 文化功労者、2025年国際博覧会誘致特使。

プチ情報

コシノ ジュンコと言えば日本でも世界でも有名な日本を代表する、ファションデザイナー。 三姉妹デザイナー、両親ともにファッション界のイメージが強いと思います。 家族でファション界の才能があるというのは、凄い事だと思います。 姉のコシノヒロコさんは自身のブランド『HIROKO KOSHINO』、妹のシノミチコさんも自身のブランド『MICHIKO LONDON』を立ち上げています。 最近ではブルゾンちえみさんと親子役で共演し、cmで目にする機会が多くなりました。 コシノジュンコの商品は繊細で上品なデザインが多く普段着だけではなく、浴衣、ウエディングドレス、スーツ、ユニフォームのデザインなど、いろんなジャンルを手掛けています。

類似ブランド