ミッソーニのターゲット層は40代~50代のイメージがあります。 カラーフルでラメが入ったデザインが特徴的です。

歴史

1953年オッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニの夫妻によって誕生したイタリアのブランド。 1948年陸上選手だったオッタヴィオはロンドンオリンピックで、イタリアの応援に来ていたロジータと知り合う。二人は意気投合し、やがて結婚。 1953年に着心地のよいスポーツウェア向けニットメーカーを設立するに至った。当時「地味」だったスポーツウェア業界に、鮮やかな色彩のニットを発表して話題を呼び、積極的にコレクションも発表していった。二人は1997年に引退し、以降、息子と娘が経営とデザインを担当している。