歴史



1968年アメリカ、カリフォルニア州でダグ・トンプキンスにより創業されたアウトドアブランド。
第一号の製品「スリーピングバッグ」は、デビュー当時から話題を呼び、高品質ダウンの惜しみない使用や生産管理の厳しさもさることながら、業界で初めて最低温度規格を表示。ユーザーから厚い信頼を得た。
1969年、続いてダウンパーカーの原型ともいえるシェラパーカーを発売。
1975年には世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」を発表。
1977年にはフレームパック「バックマジック」を発表。
アウトドアを始める若者たちが増え、ザ・ノース・フェイスはアウトドア商品にお洒落を取り入れた形のものを多く発表しました。
それまでのアウトドア用ウェアは、機能性だけが強く重視されたものが多く、お洒落は二の次といった商品が多かったです。
ザ・ノース・フェイスだけは、厳しい環境においてもファッション性まで取り入れられるアイテムを次々に生み出しました。
2012年春夏、「パフォーマンスライン」の展開をスタート。“軽量・コンパクト”をコンセプトに、トレランからロードまで、広くランニングシーンをカバーする機能性とスタイルを、提案。
2013年春夏、「ラティチュード」の展開をスタート。“旅”をコンセプトに高い機能性をベースにした、様々な環境変化にスピーディーに対応するための機能性をウェアによる新しいコレクションを提案。
2015年、世界で初めて開発に成功した『人工合成クモ糸素材QMONOS』を用いたウェア「MOON PARKA(ムーン・パーカ)」が発表された。
2016年、ザ・ノース・フェイスは、スナイデルやナナミカとコラボアイテムを発表。
2017年、ミナ ペルホネンやビームスとのコラボを発表。同年、最上級ライン「サミットシリーズ」をリニューアル。
2018年春夏、コレクションにて、HYKE(ハイク)のコラボレーションラインを発表。
普段から荷物が多い方や衣類の機能性を求める方にはアウトドアグッズはタウンユースにもオススメです。


ノースフェイス
└商品

プチ情報



ザ・ノース・フェイスがお好きな皆さんにオススメなのがアウトドア界の2大ブランド「パタゴニア」と「ザ・ノースフェイス」の創業者による伝説の旅を元にしたトラベラーズ・ドキュメンタリー『180°SOUTH/ワンエイティ・サウス』です。
観るだけで旅に出たくなったり、創業者の事が知れたり、ウキウキ❤ワクワクすると思います。

類似ブランド