ラルフローレンのターゲット層は10代~60代のイメージがあります。
シンプルなデザインが多く、年齢を気にせず着こなせます。
ラルフローレンはヴィンテージも人気が高く、比較的手に届きやすいことが、幅広い年齢層に愛されるのだと思う思います。

歴史

ラルフローレンは、アメリカニューヨーク出身のラルフ・ローレン(Ralph Lauren)が1968年アメリカを代表するラグジュアリーファッションブランドで服飾デザインの専門教育を受けたことは無く、独学で設立したラルフローレンは、イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジしたデザインが特徴のブランドです。 1968年、ネクタイメーカーのボー・ブランメル社の社長に目をつけられ、同社のバックアップのもと自身のブランド「POLO」を立ち上げます。ラルフローレンの始まりはな・ん・とネクタイのデザインからのスタートなのです!!! 広告会社が行なった調査によると、ラルフローレンは日本人の間でのブランド認知度は9割近くにも達したとのこと。 2010年のバンクーバー冬季オリンピック、2012年ロンドン夏期オリンピックおよびパラリンピックで北京に続き、米国選手が開会式と閉会式、選手村で着用するウェアをデザインするなど、アメリカを代表するブランドとして世界中から認知されています。 今では商品展開数の多さや数多いアイテムで、変わらないシンプルなデザインが幅広い年代から受け入れられる理由であります。

2005年に誕生し、現在も人気のリッキーバッグ。
年齢を重ねても飽きのこないデザインで、柔らかい素材のレザーでラルフローレンを代表するバッグです!!!
バッグはビジネスシーンから、オフスタイルにも違和感なく使えるデザイン。
リッキーシリーズは豊富ですので好みのデザインを探すのも楽しみの一つです。


リッキーバッグを探す


ラルフローレン

プチ情報

ラルフローレンのデザインは流行に左右されないデザインが多いのでビンテージ商品も人気が高いです。 ラルフローレンが服について語るとき、何度もこうした言葉が出てくるそうです。 「私は『ファッション』は嫌いです。時に流行とか時代遅れとかを意味するでしょう。はやり廃りがあるような服は、好きではないんです。」 シンプルな考えだからこそシンプルな服やシンプルな発想が生まれるのだと思い。 身の回りがごちゃごちゃしてきたら、服のコーディネートや考えをシンプルにしてリセットするのも新しい発見に繋がるかもしれませんね。

セカンドブランド

類似ブランド