セオリーのターゲット層は20代~40代のイメージがあります。 シンプルの中にトレンドを入れつつ、着心地の良さや女性らしシルエットを追求しています。

歴史

1997年エリー・タハリーとアンドリュー・ローゼンがアメリカ・ニューヨークで設立。 1998年リンク・インターナショナル(現株式会社リンク・セオリー・ジャパン) 1999年5月に「セオリー」ブランド婦人衣料品の輸入販売を開始し、レディース1号店を有楽町西武百貨店へ出店。 セオリー(THEORY)のファッションアイテムは日本でも人気が高く、デザインはシンプルでセンスの良さが感じられるようなデザインが多いです。 セオリーのワンピースはビジネスシーンでも充分活躍でき、仕事のデキル女性をイメージさせるファションスタイルで着こなせます。 ビジネスシーンに限らず、パーティーなどの社交シーンにも使えるので、応用性が広いのが大きな魅力です。 セオリーメンズにも、適度なフィット感が着心地の良さを感じられます。 セオリーのデザインには、大人のベーシックスタイルが提案されており、シンプルさの中にもモード的なエッセンスが盛り込まれているのが特徴である。

プチ情報

2003年9月に米国セオリー社グループをユニクロを運営する株式会社ファーストリテイリングと共同で買収しました。 これから、ユニクロ×セオリーのコラボのアイテムが増える予感☆

セカンドライン