ティファニーのターゲット層は20代~50代のイメージがあります。 結婚指輪をティファニーにする方も多いのではないでしょうか?! シンプルで飽きのこないデザインが人気なのかもしれません。

歴史

始まりは1837年でアメリカのニューヨークで産声をあげることになるのですがチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・B・ヤングの二人が「ティファニー・アンド・ヤング」という会社を設立し、ニューヨークのブロードウェイに雑貨店を出店しました。当時は文房具や装飾品を中心に扱っていました。(ちょうどフランスでHELMES(エルメス)が創業したのと同じ年になります。)1843年よりヨーロッパから輸入したゴールドジュエリーの販売を始め、1845年には世界初となる郵便発送で通信販売を行うメールオーダーカタログ「ブルーブック(BLUE BOOK)」の発行を開始しました。 ティファニーの象徴でもあるTiffany Blue(ティファニー・ブルー)は春の訪れを告げる「小鳥のこまどりの卵」からきています。イギリスでは、土地や資産を記録する重要な台帳の表紙に、こまどりの卵の青がよく使われていたといいます。大切なものを表す色として使われて、また古くから青は、真実や高潔さのシンボルでもありました。

Victoria(ビクトリア)

1998年ビクトリアはティファニーのラインとして誕生しました。 ティファニーのラインの中でも長い定番ラインです。 ビクトリアのデザインは1889年のパリ万博で出展されたダイヤモンドのコサージュをベースにマーキスカットのダイヤモンドを使ってフラワーモチーフを表現しています。 ビクトリアの名前の由来は元英国女王のビクトリアから名付けられています。 定番の高級ラインは一度は身に着けたくなるデザインです♡

日本未入荷 イニシャルペンダント

日本未入荷のイニシャルペンダント❤ シルバーのイニシャルがオシャレで可愛いです。 日本未入荷なので、海外のお土産やプレゼントとして喜ばれるペンダント。 自分のイニシャル、大切な人のイニシャル、好きな言葉の文字のイニシャルを身に着ける事でモチベーションアップにもつながります!!! イニシャルペンダントは普段使いやお出かけ、パーティーなどの幅広くコーディネートできるので、人気が高いです。