歴史



1920年代のオーストラリアに羊毛刈りをする人々が、羊の毛皮で足を包み込んでいたのが始まりです。
この不恰好なブーツを「Ugly Boots(ダサいブーツ)」と呼んでおり、彼らは徐々に短縮して「Ugg Boots(アグブーツ)」と呼ぶようになったそうです。
1930年代には第一次世界大戦で戦闘機のパイロットたちが、機内で体を暖かく保つために使われていたそうです。
1960年代になると、この頃からオーストラリア西海岸のサーファーやスイマーたちが愛用するようになり、その後1970年代には極寒の雪山でも活用されることに。
1978年にオーストラリア出身のブライアン・スミスが初めてUGGをアメリカへと持ち込み、ニューヨークではあまり評判にならなかったが1995年にはカリフォルニアのサーファー達の間でもそのブーツが広く使用されるようになっていきました。
1979年に「UGG Australia(アグ オーストラリア)」を設立。
2003年、ハリウッド女優のケイト・ハドソンやシエナ・ミラーらが履いたことで一躍注目を集め、ファッション業界へと進出。これをきっかけに一般の人々にも広く浸透していったようです。
2016年、ブランド名が「UGG(アグ)」にリニューアル。


アグ
└商品

プチ情報



温かくてとっても歩きやすく秋冬服の必需品として愛用している方も多いUGG(アグ)のムートンブーツがオリジナルのオーダーも出来ることをご存知ですか?
シューズタイプ、カラーなど全てをオリジナルでオーダーして自分だけのUGGが作れる、サービスです。直営店でのオーダー以外にも、UGG Australia公式サイトでも注文を行うことが出来るので直営店が無い地域でもオーダーできます。
自分用やプレゼントにもオススメです★

類似ブランド