歴史

1941年4月8日、イギリスのダービーシャー生まれのヴィヴィアン・イザベル・スウィア。
絵が得意で画家志望だったのですがが、生計を立てるためにアート専攻の教師の道に進む。
「ウエストウッド」という姓は教師をしていたころに結婚した一番初めの夫のもで以後「ヴィヴィアン・ウエストウッド」と名乗る。
2児の母であったが、「ビートルズ」やミニスカートを着て有名になるモデル「マリー クワント」の影響を受けて大学に再入学(歴史を専攻)、新しい時代の流れに押された形で決意した。
大学時代に出会ったのがマルコム・マクラーレン。彼は反体制派でヴィヴィアン ウエストウッドは大きく影響を受ける。
1971年、マルコムと共に、ブティック「LET IT ROCK(レット・イット・ロック)」をキングスロード430番地にオープン。
1972年、店名を「トゥーファストトゥリブ・トゥーヤングトゥダイ(Too Fast to Live, Too Young to Die)」へ変更とともに、ロックをコンセプトしたファッションからレザージャケットなどを中心としたファッションへとシフトした。
1974年、店名を「SEX(セックス)」に変える。
1975年、マルコムと共にパンク・ロックバンド、セックス・ピストルズをプロデュースし、マルコムはセックス・ピストルズのマネージャーもしていた。
1976年、「Seditionaries(セディショナリーズ)」に変更した。
1979年、ブティックを「ワールズ・エンド (World’s End) 」に変更する。この店舗は現在もキングスロード430番地に存在している。
1981年、ヴィヴィアン初のキャットウォークコレクション。同年のテーマはサヴェッジとパイレーツ。
1982年、2店目のブティック「Nostalgia of Mud(ノスタルジア・オブ・マッド)」オープン。
1993年、レディース部門を分割。ファーストラインはヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールドレーベル

プレタポルテおよびライセンスはヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベルとなった。

1987年、「ハリスツイード」を発表。

1988年、「タイムマシン」を発表。
1998年、過去のコレクションを復刻したカジュアルラインであるアングロマニアを発表した。

2006年、ファッションデザイナーとしての貢献によってデイムタイムマシン (DAME)の称号を授与されている。
2015年、水圧破砕法によるシェールガス採掘に反対するためデーヴィッド・キャメロン首相に対し戦車による抗議デモを行った。
1996年、日比谷に旗艦店「Vivienne Westwood Tokyo」を開店(現在は青山に移転)。
この年のミラノ・コレクションで、本格的なメンズライン、ヴィヴィアン・ウエストウッド マンを発表。


ヴィヴィアンウエストウッド
└商品

ヴィヴィアンウエストウッドのセカンドラインをオークションから見つける

ヴィヴィアンウエストウッドアクセサリーズ (VivienneWestwood ACCESSORIES)
ヴィヴィアンウエストウッドアングロマニア (VivienneWestwood ANGLOMANIA)
ヴィヴィアンウエストウッドレッドレーベル (VivienneWestwoodRedLabel)
ヴィヴィアンウエストウッドマン (Vivienne Westwood MAN)
ヴィヴィアンウエストウッドゴールドレーベル (VivienneWestwoodGOLDLABEL)
ヴィヴィアンウエストウッドレッドレーベル チョイス (VivienneWestwoodRedLabel CHOICE)

類似ブランド