お手入れ

お役立ち情報

革・レザー商品のお手入れ方法

★お手入れポイント ・革製品は仕上げに染色してあります。濡れると色落ちしてしまうので、乾いた布を使用しましょう。 ・革製品のお手入れ用品は種類が豊富です。革の種類によって、お手入れ方法も様々です。 ご自分の革製品に合ったお手入れグッズを探すことが革製品をきれいな状態で保つコツです。クリーナーやクリームなどを使用する際は、一度目立たない部分で試し塗りをしましょう。
お役立ち情報

靴のお手入れ方法

来年以降もずっときれいに使い続けるための冬用シューズのお手入れをご紹介します! ぜひお気に入りのシューズを次のシーズンも気持ち良く履ける様、しっかりケアしていきましょう♪
お役立ち情報

デニムパンツのお手入れ方法!!!

デニムパンツはお洗濯しない方がいい、汚れたら洗う、こまめに洗うで意見が分かれるかと思いますが、実はデニムパンツをお洗濯しないのはNGなのです... 年中汗をかいているので雑菌が繁殖し、生地をかえって早く痛める原因やにおいもでてきてしまいます。 毎日洗う必要はありませんが、ジーンズはTシャツ等と同じようにコットン素材のものがほとんどですので、沢山汗をかいたなぁと思った時や、夏場なら3日に1回、冬場なら10日に1回が目安です。
お役立ち情報

ポリカーボネイト素材のキャリーバッグお手入れ方法!!!

軽くてカラーのバリエーションも豊富で人気のポリカーボネイト素材。 お手入れをして綺麗に長持ちさせましょう。 簡単なお手入れ方法は、汚れた部分を消しゴムでこするだけ。
お役立ち情報

アルミニウム合金のキャリーバッグのお手入れ方法!!!

お高いキャリーバッグだからこそ、お手入れをしっかりしたいもの。 旅行先でも気持ちいい気分でいたいですからね。 アルミニウム合金のキャディーケースは見た目が凄くカッコイイ。 傷や旅のシールがキャディーケースに馴染んでくると、個性が出てきます。 皆さんのアルミニウム合金のキャディーケースがどんなキャリーバッグになっていくか楽しみですね。
お役立ち情報

腕時計のステンレススチール(金属、メタル)バンドのお手入れ方法!!!

時計本体からベルトをはずします。(本体からベルトが外れない時は本体が濡れないようにラップを巻き気をつけましょう。) ぬるま湯(40℃前後)に10分ほど浸し、汚れを柔らかくしておきます。 お湯につけ置きするだけである程度の汚れが浮かんできます。 水と中性洗剤を歯ブラシに少し染み込ませて磨きましょう。 歯ブラシでとれなかった汚れやゴミは、つまようじを使って掻き出します。 つまようじの先端で金属が傷つかないように、優しくとりましょう。
お役立ち情報

腕時計のレザーベルトのお手入れ方法!!!

使用頻度や季節、お手入れ状況によりますが、一般的にレザーベルトの寿命は1~2年ほどだと言われています。 プレゼントで頂いたり、ご褒美で買ったし少しでも長持ちさせたい!!!と思うのでしたら日頃のお手入れがかなり大切になってきます!!!
お役立ち情報

腕時計のラバーベルト(シリコン)のお手入れ方法!

ラバーベルトは素材がプラスチックのため、革ベルトのように臭いがこもりません。 汗をかいてもラバーベルトの場合にはベルトに汗が吸収されず、臭いがこもることがない為、革ベルトで臭いが気になる方やカジュアルなファッション、暑い夏にはオススメの素材です。
お役立ち情報

ゴールドアクセサリーのお手入れ方法!!!

ゴールドの製品は、金の性質上、くすんだり、変色したりは、しにくいのでお手入が楽です。 アクセサリーは肌に直接触れることが多く、皮脂や汗、香水やファンデーション等の汚れが表面に付着してしまうのです。
お役立ち情報

真鍮のアクセサリー、小物、バッグやお財布の金具のお手入れ方法!!!

真鍮のアクセサリー、小物、バッグやお財布の金具は使えば使うほど黒ずんでしまうものです。 その風合いを楽しむオシャレもあれば、綺麗な状態を維持するオシャレもあります。 綺麗な状態を楽しみたい皆さんオススメのお手入れ方法があります。
タイトルとURLをコピーしました