ブランディアでサスティナブルなファッションを

こんにちは。ブランディアの広報担当です。

私はサービスの広報を担当しながらも、いちユーザーとしてブランディアが大好きで、リリースされる度にあらゆるサービスを使っています。買取、下取り、試着、レンタル。この数年でものを買う習慣がものすごく変化しました。

洋服を捨てる罪悪感

中古といっても、ブランディアオークションにある洋服やバッグは、状態がとってもきれいなものも数多く、それこそうん万単位で出品されています。いわゆる「きれいめ」とか「新品同様」とか。

↓いまものすごく気に入っているスカートです。ブラオクで見つけました。

SACRAのスカート

最近ではwajaと手を組んで「新品」も入荷するようになりました。

あと、いいブランドはやっぱり中古でも物持ちがいいことを知りました。ブランディアレンタルでもバッグをちょくちょくレンタルしてます。定価だったら一生縁がなかっただろうなあ。

最近借りたのは↓クロエのナイルというシリーズです。ブレスレットのようなハンドルがかわいい。

中古やレンタルが自分のファッションにとって当たり前になると、「洋服を捨てる」ことにとても違和感を感じるようになりました。ゴミ袋に入れられない。中古でもまだまだ着れることを実感するようになったからかもしれません。

ものを溜めないマイルール

ファッションは大好きだけれども、ものを溜めたくない主義です。

クローゼットには8割で収まるくらいしか洋服を持ちません。「1着売れたら1着買ってよし」がマイルールです。もしくは、「1着買うなら1着手放す」。

洋服を手放す方法は、「売る」か「リサイクルボックス」が多いです。
出かけるついでに、着なくなった洋服を1着だけもって、UNIQLOのリサイクルボックスに寄るのが休日の習慣。

「売る」選択肢はもちろんブランディア。メルカリも大好きです。

習慣を広報に

今でこそ環境に配慮したファッションの楽しみ方を「サスティナブル」と定義していますが、思えば自分の習慣をひとつの事例として広報していくことが、ブランディアにとっても、リユース業界としてももしかしたらサスティナブルな発信になるんじゃないかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました