サスティナブルをリードするBurberryのSS Collection

新時代の素材を用いた『ReBURBERRY Edit』

ReBURBERRY Editのコート
引用元: BURBERRY公式サイト

こんにちは!マーケティング担当のムラオカ(サスティナブル初心者)です!

7月から全国でレジ袋が有料になりますね。

うちの近所は既に有料化!
慣れていないのでエコバッグを忘れてしまう時も!Σd(・ω・`)
ということで、玄関の靴箱の上をエコバッグの定位置にすることにしました。
(でも昨日買い物行ったとき、また忘れてたな・・)

そんな私とは対極にある『Burberry』は、”2020 SS Collection”にてサスティナブルなコレクションを発売するようです。

ピスタチオ色の特別なラベル

ReBURBERRY Editのコートとバッグ
引用元: BURBERRY公式サイト

2020 SS Collectionの一部に登場する、『ReBURBERRY Edit』というコレクションは全部で21スタイル。

このスタイルは日本国内の店舗で取り扱われ、その他5スタイルが公式サイトにて限定発売されます。
※4月30日現在は緊急事態宣言により臨時休業中。

キーアイテムにはピスタチオ色のラベルがついており、以下のようなことが記載されています。

このラベルには、商品に対して厳しい基準が定められていること、またオーガニック素材もしくはリサイクル可能な天然素材の含有量、製造に際する炭素排出量、製造者に対する賃金や支援などに関することが記載されています。

引用元:PR TIMES

サスティナブルを牽引するブランドならではの配慮ですね!

3分の2がサスティナブルアイテム

ReBURBERRY EditのSSコレクション
引用元: BURBERRY公式サイト

2022年までにはすべてのアイテムで、環境にポジティブな影響を与えることを目指しているBurberry。

今回発表されたReBurberry Editでは、使用済みの漁網やリサイクルナイロンECONYL®を使用したトレンチコートやアクセサリーが追加されています。

これらのアイテムは、エネルギーの使用を抑え化学製品やリサイクル素材を管理した工場でアイテムは生み出されており、再生可能資源を使用したナイロン・プラスチックボトルが原料のポリエステルが新たに使用。

工場から徹底したサスティナビリティ溢れるアイテムに仕上げられています。

パム・バティによるコメント

ReBURBERRY Editのレインコート
引用元: BURBERRY公式サイト

コーポレート・リスポンシビリティ バイスプレジデントであるパム・バティは以下のようにコメント。

「我々は2022年までに達成させる社会的そして環境に対するリスポンシビリティの目標に向け、その過程においてもきちんとした形として届けていきます。その中核に、我々の包括的かつ商品にフォーカスしたサステイナブルな取り組みがあります。今回新たに取り入れたラベルを通して、バーバリーの取り組みやコーポレート・リスポンシビリティの課題に対する考えをお客様により深くご理解いただきたいと思っています。商品を生産する全ての工程においてポジティブな変化をもたらすことが、我々の業界がサステイナブルな未来を築いていくために非常に重要であると信じています」

引用元:PR TIMES

小さなことから少しずつ

個人ではBurberryのように大規模なサスティナブル活動は不可能。

ですが、レジ袋有料化をはじめひとりひとりが日常生活の中で、環境問題を意識していけたら良いですね。
次は絶対忘れないぞ!

ブランディアでも「廃棄0」を目標とした取り組みを進めています。
https://www.defactostandard.co.jp/sdgs/

タイトルとURLをコピーしました