年間廃棄量8,000万本のアレを防水性が高いバッグにリメイク!

雨の日に捨てられるあのアイテムが…

捨てられたビニール傘
画像は『PLASTICITY公式HP』より

こんにちは、マーケティング担当のムラオカです!

皆さんは雨の日にビニール傘使いますか?

コンビニでも買える安いビニール傘は消耗品として扱われてしまうことが多く、雨が降った日にはビニール傘が放棄されていることも珍しくありません。

今回ご紹介するのは、廃棄されたビニール傘で作られたハンドバッグです。

タイヤバッグでも話題になったあの企業が開発!

Plasticityのトートバッグ
画像は『PLASTICITY公式HP』より

以前ブランディアカフェで『株式会社モンドデザイン』が展開する『SEAL』という廃棄タイヤを使ったバッグブランドを紹介しましたが、今回も同社が廃棄ビニール傘を使用したバッグブランド『PLASTICITY』を立ち上げました!

SEALの記事はこちら↓
日本初!廃タイヤから作られたブランドバッグ!

EALもクールでしたが今回のPLASTICITYも廃材とは思えないクオリティの高さです!

職人の手で再生したビニール傘!

Plascityの素材
画像は『PLASTICITY公式HP』より

生地づくりは材質や厚みが異なる素材を人の手で選別することから。

選別された素材はPLASTICITY独自の方法でプレスされ、”透明な窓ガラスに流れる雨のような表情”を見せてくれます。この表情は「Glass rain」と呼ばれ、すべてがひとつとして同じものはない唯一無二のアイテムになります。

Plascityのトートバッグ
画像は『PLASTICITY公式HP』より

素材によってはこんなにも可愛らしい柄に!

Plascityのサコッシュ
画像は『PLASTICITY公式HP』より

サコッシュも展開しているので気になる方はぜひ、PLASTICITY公式HPへ!

タイトルとURLをコピーしました